バスケットボール選手よプロテイン買う前にちょっと見て!

プロテイン飲んどけって

(読んでない人はここから)

記事書きましたが、質問で

「いっぱい種類あるけどなに買えばええねん!」

ってLineが来ました。(コメント書いてくれよwww)

いろんな種類があるプロテインの種類をまとめましたので参考になれば幸いです。

タンパク質の構成

プロテインの話に入る前に少しタンパク質について。

タンパク質とは9種類の必須アミノ酸を含む計20種類のアミノ酸で構成されています。

 

ちなみに、9種類の必須アミノ酸以外のアミノ酸(非必須アミノ酸)はは体内で代謝することが作り出せますが、必須アミノ酸は体内で作ることができないので食事からの摂取が必要になります。

プロテインを飲むのは推奨していますがしっかり食事から摂取することをおすすめします!

あくまで補助食品です。

 

動物性由来のプロテイン

一番有名どころでいうとホエイプロテインという種類のプロテインパウダーがあります。

これは動物性由来のプロテインです。

動物性蛋白質はアミノ酸スコアが高く、高品質なタンパク質と言われています。

あとで記載しますが植物性プロテインと比較しても、筋肉へ合成されやいと言われています。

 

種類としては以下の通りです。

  • 牛乳由来プロテイン
  • エッグプロテイン
  • ビーフプロテイン

この中でも特に流通量が多いのが牛乳由来のプロテインです。

 

ホエイとガゼインの2種類で構成されてます。

ホエイの特徴としては吸収が早いためトレーニング後などの使用に人気です。

ガゼインはホエイに比べると消化がゆっくり就寝前などにとると言いよといわれています。

 

ろ過の方法でホエイプロテインも2種類にわけれれます。

これは違いとしてタンパク質含有量の違いと乳糖の有無があげられます。

乳糖不耐症により牛乳などで下痢を起こしてしまう人はWPCを摂取した場合、下痢を起こしてしまう可能性があります。

なのでそんな人はWPIと書かれているものを選択してください。(少し高価になります。)

 

エッグプロテイン・ビーフプロテイン

ほとんど日本には流通していなくて輸入になるみたいです。

輸入する人いるのかな・・・

飲んだことないので、今回は割愛させてもらいますm(- -)m

 

植物性由来のプロテイン

動物性タンパク質と比較すると質と吸収の速さが劣るとされています。

 

日本では大豆プロテインの流通が多いです。

しかし、海外には大豆に含まれるフィチン酸という成分が健康に害をもたらすという理由で大豆フリーの食品が流行しています。

日本では女性は大豆プロテインがおすすめとの記事もありますが・・・何とも言えないところです。

そのため、海外ではいんげん豆由来のピープロテインといのものやプラントベースのプロテインもいんげん豆や雑穀を主原料としたものが人気とされています。

 

まとめ

  • タンパク質は20種類のアミノ酸から構成されている
  • 食事から摂取
  • あくまで補助食品
  • 初心者はホエイプロテインがおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください