バドミントンをやってる選手のコンディショニング指導に行かせてもらいました。

インターハイ予選に向けて

  • 足がつりやすいので対処法を
  • ケアの仕方が分からない

との依頼を受けて行ってまいりました。

 

基本的にバスケットボール選手に関わっている事が多いのと、当院では野球選手が多いのでバドミントンに関してはあまり知識がないので練習見学からさせてもらいました。

 

選手の動作を見て、分析しながら個別で身体を診させていただきました。

(貴重なお時間すんません)

 

意外と自分が気づいていない弱点や動作を手本を交えながら指導することで落とし込めたのではないかと思います。

 

他のスポーツを見ることで得ること

 

自分が関わっていない競技を見ることで勉強になりました。

共通するところもあれば、全く共通しないところもあるし非常に楽しい時間でした。

 

行きつく先はインターハイに出場。

出場して結果を出す。

そのために僕ができることを短時間ですが指導させてもらいました。

 

もっとプレゼンをうまくしなければならないし、手本もうまくしなくてはならない。

そんな反省も生まれました。

今後に活かしたいです。

 

 

今回、バドミントンの選手のコンディショニング指導させて頂いた経緯に関してもこのブログ経由でした。

まだまだ勉強不足ですが、どんどん情報をアップデートして発信していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください