ワールドカップが始まりサッカーに夢中になっている方が多いのではないでしょうか。

バスケでもいいニュースがあり、日本代表が強化試合で韓国を破るといういいニュースがありました。

希望!八村塁選手と、先日帰化選手となったN.ファジーカス選手の加入、活躍もありこれから期待できるのではないでしょうか。

 

しかし、今回は残念なニュースが流れてきました。

 

審判が殴られ、試合が没収試合に

 

本日17日にあった、全九州高等学校大会での一件です。

この方が呟いているようにあってはいけない事です。

 

何があったのか・・

詳細はあまり発表されてはいませんが、審判の判定に不服があっての行動との事。

バスケをやってて、審判の笛に左右されることも確かにあります。

不服に感じることもあります。

でも暴力は絶対にしてはいけないことです。

なんなら、僕も今日試合でしたが、めちゃくちゃつかまれてるのにファウルとってもらえませんでした。

 

一緒にすんなと言われそうですが、自身ではどうしようもないことがあります。

そこをどう抑えるか、と言うのが大事です。

高校生という多感な時期。

試合の不満だけでなく、私生活にも何かストレスがあったのかな・・・

そんな心配もしてしまう一件でした。

 

バスケを嫌いにならないでほしい

 

 

別の方のツイートですが、審判の方からこんな声が上がっているそうです。

本当に素敵な審判の方です。

 

ストリートバスケSOMECITYで有名なSOGENさんもツイートされています。

本当にこれ。

ただ処分するだけでなく、今後の人生の糧になるようにしてあげてほしい。

やってしまった罪は消えないけど、そこからどう失敗から成長するかだと思います。

また、周りのチームメイト、学校にもこの選手が一人蚊帳の外にならないよう対応をしてあげてほしいと願うばかりです。

 

まとめ

ツイートからの拝借ですが、今回あった一件はLINE ニュースでも大きく取り上げられており、知名度が高くなると思います。

しかし、殴った選手を特定したり批判するのではなく、この選手が今後、成長していくための道しるべをバスケットボール協会は対応してあげて欲しいと舞鶴から一バスケットボールファンの願いでした。

 

ちなみに・・・

この選手の学校、「延岡高校」はIH・WCでも優勝経験のある全国常連校です。

夏のインターハイにも出場を決めており今後、どうなるのか・・・

注目してしまいます・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください