京滋ダービー?滋京ダービー?ハンナリーズが滋賀を撃破!

3月2日、3日に京都ハンナリーズ滋賀レイクスターズの試合がハンナリーズアリーナで行われた。

 

京都ハンナリーズの2連勝で幕を閉じたが、京都ハンナリーズと滋賀レイクスターズには長年の因縁がある。

そんな話も今回紹介します!

 

京都ハンナリーズ対滋賀レイクスターズ感想

チクワ
ツイートになぜ♀マークが入っているかはなぞ

いや、普通にミスですが。w

 

今回の一戦、第2節ではNHKで放送!!!

セミナーのため録画で試合を観たのですが、やはりTVの画面で観るのもよいですね!

いつもはスマホの画面での視聴が多いので助かります!

友人も多数、ハンナリーズアリーナに足を運んでいたようで、TVにたくさん映っていました!

 

試合に関しては、滋賀の新外国人選手の躍動もあり、中々点数を離せず、苦しい試合でしたが、やはりチームとして継続期間が長い京都が連勝を飾りました。

 

京都ハンナリーズの魅力は粘り強いバスケ!

これにつきます!

どんなに相手が離そうとしてもしっかり着いていく、試合を投げ出さない粘り強さ。

この粘り強さこそが京都ハンナリーズの強さの秘訣だと勝手に思っております。

 

Bリーグ観戦初心者こそハンナリーズの試合を観に行くべきじゃね?

2018年12月11日

今回の試合は別ですが、劇的な勝利を収めるのが得意なチームです!

特に試合終盤の京都ハンナリーズの粘りは見逃せませんっ!!

 

単独2位浮上!

今回の2連勝で京都ハンナリーズは名古屋ダイヤモンド・ドルフィンズを抜かし単独2位に浮上しました!!

琉球も目と鼻の先にいます!

 

このままぶち抜いてやりましょう!

京都ハンナリーズと滋賀レイクスターズの関係

京都と滋賀の繋がり

まず、土地柄から説明しましょう。

 

京都と滋賀は昔から交通の大動脈である東海道が整備されています。

さらに琵琶湖・宇治川の水路もあり結びつきは非常に強いです。

滋賀に住んでいる人が琵琶湖線・草津線・湖西線を利用し京都へ通勤通学してくる人も多くみられます。

 

京都北部より、滋賀県民の方が実は京都市の繋がりが強いという、舞鶴に住んでいる私からすると・・・何とも言えない関係性です。

 

歴史

滋賀レイクスターズは2009-09シーズンから、京都ハンナリーズは2009-10シーズンからbjリーグに加入しました。

参戦は滋賀の方が早いですが、両チームともbj参戦は後発組です。

 

ちなみに!

京都ハンナリーズが加入した2009-10シーズンの開幕戦は、滋賀レイクスターズとの【京滋ダービー

これが京都ハンナリーズと滋賀レイクスターズの関係性の始まりです。

 

2010-11シーズン

京都ハンナリーズは2年目にしてプレイオフの出場権を手にしますが、この1stラウンドに立ちふさがるのが滋賀レイクスターズ

チクワ
またかよ

第1戦に勝利しましたが、2・3戦を連敗し、1stラウンドで敗退となってしまいました。

 

2012-13シーズン

このシーズンもプレイオフ1stラウンドは滋賀レイクスターズ!!

ここは前回の借りを返し2連勝で突破しました。

 

この勝利で勢いにのった京都ハンナリーズは、12-13シーズン1位の琉球ゴールデンキングスに勝利しました。

カンファレンスファイナルでライジング福岡に大敗しますが、3位決定戦で新潟アルビレックスに勝利し、12-13シーズンはbj全体の3位でシーズンを終えました。

2013-14シーズン

ここまで来ると、みなさん予想通り、京都と滋賀は切っても切り離せません!

 

プレイオフのセミファイナルで滋賀と対戦し勝利しました!

全体ではカンファレンスファイナルに敗れ、3位決定戦も負けてしまい4位で終了したシーズンでした。

2014-15シーズン

ええ!また滋賀です。

カンファレンスセミファイナルでまたも対戦!

しかし、ここでは敗退してしまいます。

チクワ
しつこいな・・・(笑)

2015-16シーズン

ええ滋賀です(笑)

やはりセミファイナルで滋賀と対戦!

そしてハンナリーズの勝ち!!

だんだん雑になってきました(笑)

 

ちなみに、ここでもカンファレンスファイナルで琉球に敗北・・

 

そしてBリーグへ・・

bj時代はかなり熾烈なライバル関係でした。

 

そしてBリーグへ移行しても爆裂なライバル関係は続きます。

2018-19シーズン

この挑発的な、いや挑発!!!!

あおり文句が半端ない!!!!

 

これは昨年12月に行われた京都ハンナリーズと滋賀レイクスターズの一戦のポスター。

この県民性を煽ったポスター最高でした。

 

そして”滋京ダービー

 

と。

チクワ
ほぉ・・・

まさに、巨人阪神戦阪神巨人戦といったところか・・・

 

結果として12月は1勝1負でしたが、今回の連勝で今シーズンは3勝1敗で京都が勝ち越しています。

ありがとうございます。

 

今後も試合を盛り上げるべく、京都ハンナリーズと滋賀レイクスターズの関係性には注目です!

 

切っても切れぬ関係。

辻選手が言うところの”いとこ”

にあたる関係じゃないですか?

 

 

ちなみに、滋賀との対戦成績は、ほぼとんとん!

今後も連勝重ねていきましょう\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

さいごに・・・

京都ハンナリーズと滋賀レイクスターズとの関係性をまとめました。

 

今回の試合で接触プレーがあり、マブンガ選手が出血する事態になりました。

 

ツィッターの中では選手がその動画を上げたのを批判したり、ファウルを取らなかった審判を批判したり、滋賀の選手を批判したり・・・様々な意見がありました。

 

まぶたの傷が痛々しい・・・

 

今回の件、プレイに関しては、故意かどうかは本人にしかわかりません。

 

審判も観れない位置取りだったのかもしれない。

選手が動画を上げていたのが気に入らない。

 

各々いろんな意見があると思います。

しかし、批判をせず、リーグが今後良くなるために前向きな発言をするべきだ、と思っております。

  • こういうプレイは懲罰の対象になる
  • これしたら懲罰ね

的な感じで。

 

ルールがしっかりあれば、それに沿って取り組みますから。

だから、個人を攻撃でなくって、この機会を前向きにとらえましょう。

 

Bリーグはまだ3年目で、赤ちゃんみたいなもんですよ!

 

京滋ダービーのあおりポスターみたいに、楽しい事を提供するためにチームは運営頑張ってるんですもん。

 

大好きなバスケ・Bリーグのために前向きな意見を発信しましょう!

 

と個人的には思っております。

 

バスケを楽しみましょう((((;゚Д゚)))))))

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください