〜築く〜 相浦 史典トレーナーpart.4

〜築く〜 相浦 史典トレーナーpart.3

2020年7月3日

 

ちくわ

コミュニケーションの重要性を感じますね。

これは以前、五十嵐さん(アルバルク東京トレーナー)もコミュュニケーションに関して強く仰っていました。

そこが最も重要なのかなと感じるのですが、相浦さんがコミュニケーショを選手だったりコーチと取る上で気をつけている事は何かありますか?

〜勝利への俯瞰的視点〜五十嵐 清トレーナー part.1

2020年6月2日

 

相浦

先ずは聞き役になると言う事。

聞き役になるのはかなり重要で、その選手が何を求めているのか、今話かけて欲しいのかなんかもわかったりします。

勿論、相手にもよりますが。

先ずは聞いてどう言う人間かを感じていくって言うのが大切ですかね。

お互いの関係を築くためにもね。

 

 

ちくわ

聞く事は簡単な様で難しいですもんね。

相浦

これが例えば自分主体になっていると話を聞かないんですよね。

自分がすごい状態だと思っているので、選手が求めていなくてもやっちゃったりとかって言うのは多いと思います。

 

 

ちくわ

一歩引いてみる視点ですね。

ちなみにコミュニケーションについてお話し伺っているのですが、相浦さん英語の方は堪能なのでしょうか?

相浦

いえ、全然です(笑)

でもやってる中で聞き取りは割とできる様になりました。

難しいのは自分の言葉で伝えると言うのはまだまだ勉強中です。

 

 

ちくわ

では基本的には通訳の方を通してですか?

相浦

絶対に間違えてはいけない場合は通訳を通して話はしますが、試合中ロッカールーム内トレーナールーム内は僕と選手だけなのでそこは関係ないですね。

 

 

ちくわ

言葉だけでなくボディランゲージだったりとか?

相浦

そうですね。

身振り手振りです。

でもどうにかなります!(笑)

 

 

ちくわ

どうにかなるんですね(笑)

相浦

どうにかなっていると思っています(笑)

痛みとか箇所だったり専門用語は英語で覚えてたりするので、そう言うので対応できていますね。

困るのは急にプライベートの話に飛んだりするともう困難ですね!

なのでその程度のレベルですね。

これを見ている学生は英語も頑張ってください。

 

 

ちくわ

それでも選手との関係性を上手く取られてると言うのは伝わりますね。

テーピングだったり選手によって拘りが強いと思うのですが、そう言った場合などどうされているのでしょうか?

相浦

選手の要望も聞きつつ、必要なところは説明してお互いが納得した上で対応はしていますね。

これに関してもコミュニケーションですよね。

対人の仕事なのでコミュニケーション能力は必須ですよね。

 

 

ちくわ

コミュニケーションの重要性を感じますね。

勉強になります。

相浦さんの中で今後の課題はどんな事がありますか?

 

相浦

先ずBリーグ全体として、“Bリーグのトレーナーになりたい!“って思う方たちの目標になる事。

Bリーグのトレーナーの団体・組織というのは今後、立ち上げていく必要があると感じています。

外から見てなりたい職業にならないといけないなと思っています。

 

 

ちくわ

まだまだBリーグのトレーナー事情って謎に包まれてますもんね。

相浦

これは今後の課題ですよね。

課題とは違うのですが、PTの方々ってボランティアでスポーツに関わる事って多いじゃないですか。

と言うのが、本業の病院からお金が貰えるから外で自由に関わると言う事ができるんですが、これってトレーナーの価値としてはどうなのかな?と思っています。

“トレーナーってボランティアでやってくれる“

と言った価値に繋がってしまうので、外で仕事するのであれば安くてもお金を頂くことだと思います。

それにより相手も自分も責任が生まれると思います。

勿論、お金が優先でなくそれ以上のものを提供する事が前提ではありますが。

そういう風に関わって貰えると、トレーナーの価値も上がってスポーツ業界でトレーナーって絶対必要だよね!って言う事に繋がると思っています。

 

 

ちくわ

確かにそれは感じる所はありますね。

相浦

これはトレーナーと言うか、PT業界の課題ですよね。

僕もPTなので今後、改善を願う部分ですよね。

 

 

ちくわ

今後、相浦さんが目指している所を最後に教えて貰っても良いですか?

相浦

いかにチームを勝たせられるか、と言うのが重要ですよね。

今、僕はまだチームを勝たせられていないトレーナーなんですよね。

これは僕の課題ですし、目標です。

個人としては選手一人一人が最後引退する時にプレーヤーで良かったと言って貰える環境を作る事。

あのトレーナーがいてくれて良かったと少しでも思って貰える存在になりたいですね。

選手のバスケ人生の中で少しでも影響を与えられる存在になる事ですね。

 

 

ちくわ

ありがとうございます。

最後に一言お願いいたします。

相浦

トレーナーの世界に飛び込みたい方へですが、僕もPTなのでPTの方々に対しては仲間意識を持っています。

トレーナーを目指しているPTの方々のお手本になれる様に、トレーナーの価値を挙げるために頑張りたいです。

 

 

ちくわ

トレーナーを目指しているPTの方へかなり勉強になる、そして勇気を貰えるお話しをありがとうございました。

来シーズンもレバンガ北海道での相浦さんのご活躍を楽しみにしております。

 

レバンガ北海道HP

 

ちくわ
相浦さんTwitterアカウントはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください