前節の京滋ダービーに敗れた我らが京都ハンナリーズ

 

まだ、ワイルドカード下位に位置しているが、一戦も落とせない。

 

そんな危機的状況。

 

最近のハンナリーズは苦戦を強いられている・・・

 

そんなハンナリーズに朗報!

 

あの男が帰ってきた!!!!!!

 

永吉佑也選手の復権(処分解除)が決定を発表された!!

「この場面で永吉選手がいてくれれば・・・」

 

出場出来ない選手がいれば、なんてたらればだが、そんな思いを持たずにはいられない選手。

 

そんな永吉選手の処分解除はCSに向けてハンナリーズの最後のピースになるのではないかと予感している!!!

そんな永吉選手の処分解除に対するまとめと個人的思いを書いていきます!

 

アジア大会の不祥事

ちくわ
そもそもなんで処分されてたんや

 

なんて思う方もいるんじゃないでしょうか?

 

昨年8月に開催されたアジア大会の期間中に事件は起きました。

 

大会期間中に公式ウェアを着用して、まあよろしくない行為をして処分されていました。

 

今回処分は解除されましたが、

  • 永吉佑也選手(京都ハンナリーズ)
  • 橋本拓哉選手(大阪エヴェッサ)
  • 佐藤卓磨選手(滋賀レイクスターズ)
  • 今村佳太選手(新潟アルビレックスBB)

が処分を受けていました。

 

処分の内容としてはチームで変わりますが、基本的には1年間出場停止処分が下されていました。

 

処分解除はなぜ?

ちくわ
なんで処分解除されたん?

 

JBAの復権手続規定により、処分期間の1/2が経過後、復権の申し立てが出来ることになっています。

 

申し立てを受けた裁定委員会において、処分期間中の活動状況の報告や、本人のヒアリング等を実施し、審議することになっていました。

 

そこから裁定委員会の判断により、JBAの理事会に対して復権を妥当とする答申を提出し、JBA理事会にて決議・復権を了承される事になっていました。

 

と言うことで、晴れて(?)処分が解除されました。

 

次節、福岡ライジングゼファー戦から出場可能となっています。

 

記者会見

ツイートのリンクを参照してもらえれば分かるのですが、社会奉仕活動の数半端ないです。

 

活動をいくら行おうと、罪は消えるわけではありません。

 

しかし、活動を通して自身の行った事の重大さや、バスケットボールの大切さなど再確認し、また一人間として成長できたのではないでしょうか。

 

処分が解除されたから良し!

 

ではなく、今後も永吉選手の成長した姿や変化した所を温かく見守っていければいいかなと個人的には思っています。

 

記者会見まとめ

”これから改めてプロバスケットボール選手として、コートでも活動させて頂く中でまだまだ未熟な私ですが、何よりも一社会人としてしっかりと襟を正し、プロバスケットボール選手として求められているものを、プレーでは勿論、オフコートでもしっかりと体現できればと思っています。”

 

プロ選手は、エンターテイメントとして観客・ファンを楽しませるのはもちろんの事、子供たちに夢を与える仕事だと思っています。

 

プロ選手ってどういうことなのか考えてみた

2018年12月25日

 

京都ハンナリーズの永吉選手を観て、プロになりたいと思う子供が増えるように努力してくれることを心から期待しています。

 

永吉選手の希望により、4/13(土)福岡戦試合前にあいさつがあるようです!
ちくわ
チキショー行けない!運営さんSNSであげて!!!

 

各所反応

 

さいごに

もう言うことは一つ!!!

 

GO KYOTO HANNARYZ!!!

 

残り試合全勝行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください