〜選手のキャリアを守るために〜 森田 憲吾トレーナーPart.4

〜選手のキャリアを守るために〜 森田 憲吾トレーナーPart.3

2020年10月3日

写真提供元:広島ドラゴンフライズ様

ちくわ

日々、学びですよね。

森田トレーナーが苦労された事を聞かせていただいてもよろしいですか?

 

森田

若い頃はずっと苦労ですよね。

現場でも自身のキャパを超えた要求もありました。

ウェイトトレーニングを指導に関しても自身の意思とは反していて上手くいかず契約が更新されなかった経験もありました。

また自分の余裕や経験もなかった時はチームは勝っているけど、僕は役に立っていないという風に感じていました。

 

 

 

ちくわ

役に立っていなかった・・・ですか。

 

森田

そう思っています。

チーム、選手に申し訳なかった気持ちの方が強いですね。

それもあって今の考え方に繋がっているとは思います。

僕は珍しいくらいに勝ち負けに拘っていないんですよ。

 

 

ちくわ

それも珍しいですね。

 

森田

運も良かったのですが、僕が関わらせていただいたチームは強豪チームが多かったんですよ。

代表の時もアジアカップで優勝したりと良い経験をさせてもらいました。

その時に自分自身の存在意義のためにケガをした選手を無理やり出していたっていう事もありました。

出場するにしても出し方も良くなかったですし、何より自分自身が責任を負えていなかったというのは感じています。

だから今、広島ドラゴンフライズに関わって感じるのは勝つ負けるに関しては様々な要素があるので自分が変わるのではなく、選手のキャリアを守る事、選手が試合後無事に帰ってくる事が大事だと思っています。

 

 

 

ちくわ

メディカルにとってそこが一番重要だと感じますね。

トレーナーの考えと指導者、HCとの思いの共通って非常に大事だと思います。

 

森田

もう堀田HCは全て任せてくれています。

佐古さんがHCの時もそうだったのですが、こちらに任せてくれていて“現役中の時に俺も診てもらいたかったわ“なんて言って貰った時は嬉しかったですね。

 

 

 

ちくわ

信頼の証ですね。

そこに関しては何が重要なのでしょうか。

 

森田

僕のキャラクターですね(笑)

ざっくばらんにしている所ですかね。

ケアもそうなんですが若手だから診ない、試合に出ていないから診ないなんて事はしません。

逆に試合に出ていない選手こそコンディションを保つ事が難しいですから。

若手が言いにくい環境にもしたくないですし、そこはざっくばらんにできる事を心掛けています。

それが良い方向に進んでいると思っています。

 

 

 

ちくわ

大事ですよね。

若手が言いやすい環境。

僕だったら新入生に気を使われないようにしないとですね。

 

森田

雑談しながら行ったり、何かをしながら実施するのが良いですよね。

個人的に軍隊みたいにカチっとするのが嫌いで、選手に伝えているのは一生懸命やらない事を常に伝えています。

一生懸命やるという事は力みが生まれます。

適当にできる事が大事なんです。

その適当にするためにも『捻り』が大事なんです!!

 

 

ちくわ

そこに繋がるんですね!

捻りたい、捻られたい選手は森田トレーナーの元へですね!

 

森田

ウェルカム広島!とずっと言ってます。

移籍当初は絶叫ですが7月、8月くらいになると変化が出てきますね。

勝手に身体が変わっているという経験ができます。

 

 

 

ちくわ

気が付いたら身体が変わっているって本来目指すべきところですよね。

 

森田

そうなんです。

本人達がびっくりしています。

でもケアが物凄い痛いですから(笑)

 

 

 

ちくわ

選手の努力が必要ですね(笑)

森田トレーナーが思う広島ドラゴンフライズの魅力はどういった所ですか。

 

森田

ブースターが熱い!

広島県民の強みです。

カープさん、サンフレッチェさん然りファンの力がすごく強くて魅力的です。

僕からしたらダメな時はもっとヤジって貰って良いのではと思っています(笑)

 

 

 

ちくわ

このインタビューを見て、その際はヤジる方が増えてくれたら幸いです(笑)

 

森田

僕はウェルカムです!(笑)

 

 

 

ちくわ

スローガンも“朱炎“。

文字通り熱いですね。

最後にブースター、ファンの方に注目ポイントをお伝えしていただいてもよろしいでしょうか。

森田

広島名物の捻り、森田ロックを是非観てください(笑)

・・・と言うのは冗談で、僕ではなく選手の動きを是非チェックしてみてください。

特に頭の位置。

シュートにしてもドリブルにしても頭がしっかり起きているかどうか、そこのバランスに注目してほしいです。

お辞儀するような動作はかなり減っていると思います。

かなりマニアックな所ですが、頭の位置・姿勢に関して取り組んでいるので是非、注目してみてください。

 

 

 

ちくわ

森田トレーナーありがとうございました。

是非、選手の頭の位置、そして広島名物に注目してみてください!

そしてB1でのご活躍期待しております!

 

さいごに

今回のインタビューでは森田トレーナーと同職種としてかなり専門性の高いお話をさせていただきました。

 

見た目のインパクトが大きいですが、緻密に考えられた森田ロックや捻りに関して深堀させていただいた事で今後のアプローチの参考になりました。

また、指導者やトレーナーの方にも大きなヒントになったのではないかと感じます。

 

若手に対する思いや森田トレーナーの人柄からもウェルカムな環境作りの重要性を学ばせていただきました。

後輩の指導や育成、現場での雰囲気作りなど今後のためになる学びの時間となりました。

 

最後になりましたが、森田トレーナー、広島ドラゴンフライズさまご協力ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください